【栄】同じ結婚指輪から生まれる違い

Posted on by fuligoshed

 

Fuligoshedのハヤシです。

 

皆さんが抱くブライダルジュエリーへの先入観をなくしたいと思い、セレクトしている作家物の結婚指輪や婚約指輪。

スタッフ側として感じることはブライダルジュエリーのデザインは昔よりも幅広くなり、選択肢が増えている事実。

けれどお客様側ではそれらを知らずに選んでいる方が多いという現実です。

 

接客をする中でわたしが個人的に大切にしているのが、「お客様の選択肢の可能性を広げたい」という思い。

選ばれるお客様がどの結婚指輪にされるかは、その方々が今までに訪れた店舗、ご覧になってきた指輪の中からしか選ばれないということからこの思いは来ています。

 

そして更に、個人のブランドが制作する結婚指輪もたくさんあり、店頭まで足を運び実物の比較検討がとてもし辛い時代だと思います。

だからこそわたし達は質の高いセレクトをし、デザイン性に富んだ指輪を一堂にご覧頂ける場を設けることで、お客様にとって見やすく選びやすいお店づくりをしたいと思っています。

 

お待たせいたしました。ついつい前置きが長くなってしまいましたが、過去にご成約いただいたお客様のご結婚指輪をご紹介いたします。

今回は同じ指輪でもオーダー内容で仕上がりが異なるということをご覧頂くために、2組の方の指輪をご紹介いたします。

 

 

こちらはジュエリーブランドOLJEIが作る”pylamid”という結婚指輪。

その名のとおりにエッジの効いたピラミッドのような三角形の形をしています。

その頂点を境目に2種類の金属から出来上がっており、シンプルでシャープな見た目に遊び心を感じることが特徴です。

 

 

 

見る角度を変えることで現われる、磨いた痕から生み出された金属の表情。

麻のような独特な風合いを感じて頂くことが出来ます。

 

麻を使ったお洋服のように、使い込むことで味わい深い変化が金属にも生まれていきます。

それは使った人だけがわかる自分だけのおたのしみ。

結婚指輪であれば、それは大切なパートナーと過ごした時間が目に見えるように遷り変わって行くのです。

 

とてもお優しい男性、そして明るく爽やかな女性の印象を思い出します。

この度は婚約指輪から結婚指輪までわたくしたちをお選びくださり本当にありがとうございます。

末永いお幸せをお祈りしております。

 

 

そしてこちらも同じブランド、同じ型の結婚指輪。

もちろん写真の写りかたの違いもありますが、選ばれた素材の違いからこれほどまでに印象が異なることに驚いて頂けると思います。

 

改めて。

それは布のような、紙のような金属とは思えない表情に仕上げられています。

そしてそれが、この指輪を選ばれる方々の心を掴む、大切な個性でもあるのです。

 

 

ここから始まるお二人の物語。

新しい生活の第一歩。

 

先程にも綴りましたが、貴金属にもちゃんと経年変化というものが訪れます。

それは皆さんしっかりと知っておいてください。

そして、それはおふたりの歴史を物語るのです。

 

想像してみてください。

結婚指輪という特別な品をふたりで共有し、時の流れと共にその指輪に思いをつのらせていきます。

ふとした時にその思いを振り返り、それが新たな思い出となるはずです。

 

そんな大切な指輪をわたしたちの店舗から選んでいただけるのは、本当に光栄なことです。

改めまして、今回お選び頂きました二組様。

本当にありがとうございます。

これからメンテナスはもちろんのこと、わたし達の店舗Fuligoshedを何卒よろしくお願いいたします。

ご結婚指輪と共に、素敵な時間を過ごして頂ければ本当に光栄です。

 

ハヤシ

 

 

 

 - blog, bridal, OLJEI, Sakae, Shops, 未分類, 結婚指輪