タンスの肥やしにしない!婚約指輪の着用方法【シチュエーション別】

Posted on by fuligoshed

Fuligoshedのハヤシです。

 

婚約指輪の購入に関して、不安なことも多いかと思いますが、その中でも、「結婚後どうするか」というのは大きなものの一つだと思います。「タンスの肥やし」などと言われてしまうこともあって、婚約指輪は短い期間だけ着用するものだと思われてはいませんでしょうか?

プロポーズ、結婚を経た婚約指輪は、お二人にとって大切なジュエリーであることは間違いありません。ですが、これまでも何度かご紹介しているとおり、婚約指輪も広い意味では「ジュエリー」です。着用に関しての基本的なマナーさえ守れば、厳しいルールなどがあるわけではありませんし、せっかくの婚約指輪、タンスの中で眠らせておくのはもったいありません。今回は結婚後の婚約指輪の活用をシチュエーション毎にご紹介します。

婚約指輪の着用がおすすめなシチュエーション

結婚記念日

結婚記念日をどのようにお祝いされるかは、それぞれだと思います。ちょっと特別な外食をされたり、ご自宅で特別なディナーを用意されたりされる時に、婚約指輪を着用されるのはおすすめです。

プロポーズの思い出話に花を咲かせてみてはいかがでしょうか。

ご友人、ご家族の結婚式、結婚パーティ

ご結婚された後も、ご友人やご家族の方の結婚式に出席されることもあるかと思います。結婚指輪と合わせて婚約指輪を着用されることで、お手元を華やかにみせることができます。

お子様が成人されてからの結婚式に、婚約指輪を着けて……なんていうのも、ステキですよね。

お二人での特別なお食事に

お誕生日などで、ちょっといいレストランにお食事に行かれることも、あるかと思います。いつもよりちょっとドレッシーな格好でのお食事。そんな時に婚約指輪がお手元にあると、より一層、特別な時間になりますね。

フォーマルな式典、パーティに

お仕事の関係などで、例えば授賞式、記念式典などのフォーマルなパーティに参加されることもあるかもしれません。そういった際にも、婚約指輪の出番です。ただ、式典の内容によっては、豪華すぎると外してしまうこともありますので、概要を確認して、全体でバランスを取れるとよいかと思います。

お子様の入学式、卒業式など

主役はあくまでお子様たちですので、こちらもあまり豪華にしすぎるのは考えなければいけないシチュエーションではあります。ただ、だからこそ、手元を婚約指輪で飾り、他をシンプルにすることで、エレガントな雰囲気にもできるかと思います。

気をつけたほうがいいシチュエーション

弔事

ご葬儀に出席される際は、華美な光り物のジュエリー、アクセサリーは控えるのがマナーです。

婚約期間であれば、ダイヤの面を手の内側にして着用するということも可能ですが、結婚後はあえて着用されるのは避けたほうが無難です。

海外旅行

せっかくの海外旅行、少し着飾ってゴージャスに……と思われるかもしれませんが、場所と状況は考慮されたほうがよいでしょう。移動中は物が多いため、特に石が当たって無くなってしまうなどのトラブルが考えられます。

また、国や地域によっては、豪華な指輪をつけて歩いていると、それだけでスリや強盗に狙われやすくなったりもします。

フォーマルな格好をすべきレストランなどには着けていくべきかとは思いますが、移動は車でドア to ドアにするなどの配慮も必要です。

 

婚約指輪もジュエリーですので、タンスで眠っているより、色々な場面で使われたほうが、文字通り輝けます。結婚後も婚約指輪を、思い出を大事に着用していただければと思います。その他の婚約指輪のルールに関してはこちらも御覧ください。

ハヤシ

 - blog, bridal, column, Sakae, 婚約指輪