【栄】serial number 000 7/6(fri)-7/31(tue)

Posted on by fuligoshed

Fuligoshedのハヤシです。

 

instagramでは先行告知を致しましたが7月6日(fri)~7月31日(tue)までの期間、ヘアアクセサリーブランド  serial number 000(シリアルナンバー)の限定販売を行います。

 

同ブランドを知ったのは確か2年ほど前だったと思います。

店頭などでお会いしたことがある方はご存知ですが、わたくしハヤシは男性ですが長髪です。

女性と比べても長いほど。

 

だからこそ、自然と私物用に髪留めや、ヘアアクセサリーを探していました。

そして自分の中で決めていたのは”かんざし”のように、男性が身に付けても似合いそうな物。
(わたしの中では”かんざし”は男性もいけると思っていたので...)

きっかけは忘れてしまったのですが、その頃に出会い”これだ!”と感じたことを思い出します。

 

店長兼バイヤーとして必ず守る条件があります。

それは自身が”身に付けたい”、”使いたい”と思えるかどうか。

ジュエリーとアクセサリーがメインのショップなので、性別の矛盾は(上記の通りわたしは男性なので)悩みますが、自信を持ってお客様へご紹介をするにあたり、まずは自分の気持ちに嘘をつかないようにと決めています。

 

期間が空いたのは店舗とブランド側のタイミングなどがありました。

ですが気持ちは冷めることなく、ようやくFuligoshed sakae 店頭でご紹介させて頂く機会を作る事ができとてもうれしく思っています。

 

更に、お客様からのお話も自分にとって後押しとなりました。
(お話を伺った際にはイベントは決定していましたが。)

そのお話はというと。

ご結婚され、お子様もお生まれになった女性で、赤ちゃんの兼ね合いからリングからネックレス、そしてピアスといったアクセサリーのほとんどができない期間があるということ。

そして、その間ヘアアレンジを楽しんでいた(しかできなかった)というお話を聞いたときには、開催できるようになり、よかったと本当に思いました。

なぜなら、Fuligoshedはジュエリーとアクセサリーのショップなのですが、ヘアアクセサリーは1つもご紹介していなかったのです。

また、価格帯もヘアアクセサリーというカテゴリから、当店のなかではカジュアルな価格であり、お子様がいたとしても購入しやすいアイテムというのも大切なことでした。

さて、わたくしの気持ちはここまでにしておき、是非まずはお写真からそのお洒落なヘアアクセサリーを是非御覧ください。

 

 

 

 

 

 

serial number 000

 

ー 足しすぎず 引きすぎず 心地よく ー

 

自然体ながらも、自身のこだわりを表現できる大人の女性に向けた

ヘアアクセサリーブランド。

 

<serial>とは、英語で<連続的な><ひと続きの>という意味を持ちます。

ひと続きの小説のように、映画のように、

手に取ってくれた方とserial numberのアクセサリーが

共にひとつの物語を綴っていきますように。

そんな願いを込めて、すべての商品にserial numberを刻印しています。

 

使い込む程に深い輝きを増す真鍮やシルバー素材を主に、シンプルな形状の中にも丁寧な手仕事の暖かみを感じられるデザインで制作しています。

 

 

 

Designer

 

圭奈(KEINA)

千葉県生まれ。10歳〜15歳までをシンガポールで過ごす。

都内の大学で経営学を学ぶ傍ら、所属していた服飾デザイン研究会で小物製作を担当したことがきっかけでアクセサリー製作に興味を持つ。

その後2年間、大学在学中にダブルスクールで彫金学校へ通いジュエリー製作の知識と技術に触れる。

卒業後は京都のジュエリーブランド、甲府のジュエリーメーカーでの勤務経験を経て、2012年よりフリーのジュエリーデザイナーとなる。

2014年11月より、デザインから製作までを手がけるヘアアクセサリーブランド<serial number>を立ち上げ、

千葉県内にある美容室<hair design osiro>で販売を開始。

 

 

 

季節に寄り添うようなご提案をすれば、夏の花火大会。

浴衣に合わせるようなヘアアレンジにおすすめです。

 

また、個人的にはブライダルのスタイリングにも是非使って頂きたいと思っています。

披露宴の自由度がます昨今。

ドレスのスタイルからヘアスタイルまでもっとより自由度が高く、本人たちにとって記念になり楽しめるご提案のお手伝いもできればと考えています。

 

 

 

ものが溢れるこの時代。

選ぶ人たちの審美眼が問われてきます。

ただ安いものを探すのは簡単です。

 

けれど、それでは楽しくありませんよね?

ジュエリーやファッションは身に着けることで自身の気持ちが盛り上がることが大切です。

その気持ちは価格から生まれるものではありません。

わたしたちスタッフの役目は、金銭では測ることができない価値を”言葉”で伝えること。

 

20日間以上の会期となりますが、いつか行こうでは気がついた時には終わっています。

是非初日の6日、または最初の土日の7日、8日に皆様のお越しをお待ちしています。

 

serial number 000
会場:Fuligoshed sakae
期間:7月6日(fri)-7月31日(tue)

 

ハヤシ

 

Tel: 052-265-6500
お気軽にお電話ください。

Fuligo & Fuligoshedメールマガジンをご希望の方は下記QRコードよりご登録下さいませ。
イベント、新商品情報をお送りさせて頂きます。
(QRコードが読み取れない方はこちらのアドレスに直接メールをお送り頂ければ登録して頂く事が可能です。 " melformー[email protected] ")
QR code for Fuligo shed mail magazine

Fuligo & shed online store
fuligo_online

 - blog, Sakae, Shops, イベント