【栄】armarium exhibiton 10/13(fri)-31(tue)

Posted on by fuligoshed

Fuligoshed Sakae 店長のハヤシです。

先日Bridal blogにて告知をしましたarmariumのexhibiton。(blogはこちら)
そちらのblogへも記載をしていますが、同ブランドはBridal アイテムから、アクセサリーまで幅広く制作をしております。

そして今回では彼女のアイデンティティとも呼べるヴィンテージのパーツを使用したピアスたち主にご紹介いたします。

コスチュームジュエリーのような大振りなデザインはやはりヴィンテージのパーツなどを使用したアイテムの魅力の1つでしょう。

左からヨーロッパ製ヴィンテージチェーン2連ピアス、ヴィンテージガラスのピアス。

 

 

異なるボリューム感はその日の気分に合わせるように選び、スタリングの幅を広げてくれます。

 

こちらもヨーロッパ製ヴィンテージガラスのピアス。

 

同じガラスと言っても形状が異なるだけで様々な表情を魅せてくれます。
半透明のガラスでは十分に存在を感じさせつつ、そのロングデザインを楽しめます。
クリアなガラスでは、そのカッティングを楽しんで着用頂くことが出来ます。

 

こちらもヨーロッパ製ヴィンテージガラスのピアス達。
先ほどとは打って変わり色味がしっかりと着いている物たち。

 

 

 

いかがですか?
それぞれ異なる表情のピアス達。

それらのすべてをデザイナーが直接買い付けに行き手に入れているものになります。
だからこそ圧倒的な熱量から作り上げられるのです。

ヴィンテージやアンティークで作り上げられるアイテムと言っても今は世に様々なものが出回っています。
その中でしっかりとした差別化をするためにはパーツ探しなどどれだけ時間を費やし、良いモノを見つけることが出来るのか。
そこから始まると私自身は思っています。

 

そして最後にご紹介致しますのは、Fuligoshed 栄店では初めてのご紹介となる新作”Thimble”シリーズ。

 

 

 

同ブランドから初めてのK18のシリーズ。
生地やレースに携わることが多いからこそ指貫(thimble)を、定番のモチーフとして作り上げています。

armariumの彫金シリーズは、あえてスタンダードなモチーフを取り上げることにより、自身が制作をするヴィンテージやアンティークを使用したハンドメイドシリーズ。
そしてブライダルのシリーズとも一緒に着用して頂くことが出来ることを願って製作をしています。

期間中Fuligoshed 栄店にてご覧頂くことが出来ます。
皆様是非お越しくださいませ。

ご来店をお待ちしております。

店長 ハヤシ

 

armarium exhibiton 10/13(fri)-31(tue)
期間:2017.10.3-31
会場:Fuligoshed Sakae (栄店店内)

Tel: 052-265-6500
お気軽にお電話ください。

Fuligo & Fuligoshedメールマガジンをご希望の方は下記QRコードよりご登録下さいませ。
イベント、新商品情報をお送りさせて頂きます。
(QRコードが読み取れない方はこちらのアドレスに直接メールをお送り頂ければ登録して頂く事が可能です。 " melformー887@itm-asp.com ")
QR code for Fuligo shed mail magazine

Fuligo & shed online store
fuligo_online

 - armarium, blog, jewelry, Sakae, Shops, イベント, ピアス・イヤリング, リング