【結婚指輪】二人の指に寄り添うように

Posted on by fuligoshed

Fuligoshed Sakae 店長のハヤシです。

初めのきっかけは私達が協力をした撮影をきっかけに店舗を知って頂きました。
実は今回ご紹介を致しますお客様には婚約指輪も私共がご用意をさせていただいており、そして結婚指輪もこの度ご用意をさせて頂くことが出来ました。

本当に光栄な事です。
この様な事があるといつも友人や知人。
もちろんお仕事での関係の方々も含めて、とても嬉しく思います。

改めまして、この度ご成約を頂きましたのはアトリエHOLICの増崎氏が製作を手がけますSCARSという結婚指輪。
SCARSの特徴はその表面に深く刻まれた傷のような仕上げ跡。

 

お分かりになるでしょうか。
こちらの指輪の表面仕上げによる表情を。

SCARSとは”傷”の意味を持ちます。
結婚指輪に何故、傷という意味の名前が着けられるのか。
それは増崎の作家性と考え方を感じ取って頂くことが出来ます。

結婚指輪とは必ず表面が変化してしまうモノというのが、私達業界の中の普通なのですが。
指輪にあまり慣れ親しんでいない方にとってはそうも行きません。

表面の小傷というものは僕の中では人の皺のようなものだと考えています。
長年の時を経る事によりその人の、人となりを表すかのように増えていくモノ。
それがその人の人生を表すかのように刻まれていく事。

SCARSとは着用するお二方の過ごし方次第で、歴史を物語るように少しづつ。
けれど着実に変化が刻まれていく指輪であり、そのようになって欲しいという想いが込められています。

 

少し膨らみがあり、それが結果として着用感の良さに繋がり指あたりの良さも実現します。
そしてこの独特なボリューム感がHOLICの良さへ大きく繋がるモノでもあるのです。

 

 

今回実はパット見には分からないカスタムをさせて頂きました。
それはリングの幅などの微調整をさせていただいたのです。
これはHOLICが手掛ける指輪だからこそ出来る事となります。

 

 

とても素敵に着用をいただきました!
色々とお話をさせて頂き、けれど自然とHOLICの指輪にお決まりになったかのように感じます。

 

 

この度は私共の店舗にて全てご用意をさせて頂き本当にありがとうございます。
また何かご相談などがございましたら、是非気兼ねなくご連絡を頂ければと存じます。

改めて店頭にてお会いできる事を楽しみにお待ちしておりますね。

 

店長 ハヤシ

来店のご予約
ご予約のお客さまを最優先で
ご案内しております。

Tel: 052-265-6500
お気軽にお電話ください。

Fuligo & Fuligoshedメールマガジンをご希望の方は下記QRコードよりご登録下さいませ。
イベント、新商品情報をお送りさせて頂きます。
(QRコードが読み取れない方はこちらのアドレスに直接メールをお送り頂ければ登録して頂く事が可能です。 " melformー887@itm-asp.com ")
QR code for Fuligo shed mail magazine

Fuligo & shed online store
fuligo_online

 - blog, bridal, GIFTED/HOLIC, Sakae